イメージは温室。花と緑あふれるティーハウスにオープンテラスも!「Aoyama Flower Market GREEN HOUSE(青山フラワーマーケット)」

SNSでシェア:

青山フラワーマーケット南青山本店

お洒落なお花やフラワーギフトで人気の「青山フラワーマーケット」が運営する「青山フラワーマーケット南青山本店」。2022年に骨董通りの近くに移転、リニューアルしました。

以前と変わらず週末ともなると行列ができるほどの人気な併設のティーハウス 「AOYAMA FLOWER MARKET TEA HOUSE」ですが、店名が変更され「Aoyama Flower Market GREEN HOUSE」という名前になっています。

▲グラッセリア青山のテナントという形ですが広々としたフラワーショップ、それと癒やしの花と緑の空間のティーハウスという構成での再出発です

スポンサーリンク

南青山本店の店内

今回はティーハウスの利用です。

すでにモーニング目当ての多くのお客さんで賑わっていました。
(現在はモーニング営業は行っていません)

▲1歩店内に足を踏み入れると、屋外から屋内空間に入ってきたはずなのに、森の中へ迷い込んだような幻想的な空間が広がります。この花と緑の溢れる AOYAMA FLOWER MARKETらしい空間は、移転した新店舗でも健在でした。

室内は窓際、壁際それと中央と3列にテーブルが並べられています。

▲ウッディーな椅子。ガラスのテーブルにはフラワーポットが置かれ挿花も2本。以前と変わりがなければ挿し花は、毎週種類が変わるはずです。今回はピンクのローズでした。

アーチ状になった天井には、豊かな蔦の緑が絡まり、頭上から蔦の雨が降ってくるかのような非現実的な情景が広がります。普通の商業施設のはずなのですが、青山フラワーマーケットらしい、緑に囲まれた空間ですっかりイメージチェンジしています。▼

▲密対策でしょうかテーブルは基本的に二人がけに設定されています。緑あふれる空間なので忘れがちですが、一応ここは屋内ですからね。

▲室内の中央には季節の花々のアレンジがディスプレイされる場所が用意されています。今回はローズがアレンジされていてとっても癒されますね。

▲窓際のテーブルの外にもテーブルが見えますね

▲実は、移転して一番変わったのはオープンテラスの席がある事です。

これからの季節、天気が良い日は人気の席になるでしょうね。休日はこういう場所で過ごしたいものです

スポンサーリンク

モーニングメニュー

開店時から11時まで限定のモーニングメニューをオーダーしてみました。

▲モーニングメニューには「フレンチトースト」と「ヨーグルトボウル」があって、今回はフレンチトースト。

これはレギュラーサイズですがフレンチトーストにはハーフサイズもあります。

▲シナモンとハチミツ、それとホイップクリームが付いてきます。

▲バゲットのフレンチトーストにハチミツとシナモンそしてホイップクリームを好みで仕上げれば、モーニングの出来上がり。

朝食には気持ち多めなのがいいですね。

ティーハウス

南青山本店にはコーヒーがなくて紅茶がメインです。ハーブティーもありますよ。

▲モーニングセットのドリンクはフルーツティー/アールグレイ/キモノ/オレンジジューズから選べます。

今回はアールグレイ(左)をセレクト。右は「フレッシュハーブティー」です。

モーニングセットの紅茶もポットで出てくるので2杯分いただけます。これは嬉しい。

▲フレッシュハーブティー。

ポットには木の蓋が乗っています。ただ乗っているだけなので蓋を取ってからカップに注ぎます。

スポンサーリンク

店舗の外と中

もともとフラワーショップとその中のティーハウスという形態でしたが、移転してからはショップとティーハウスの入り口は別になっています。

▲こちらはフラワーショップの入り口。

そろそろ父の日も近いですし、ティーハウスを訪れたらフラワーショップの方もチェックしておきたいですね。

ティーハウス利用のついでに父の日プレゼントを見繕って、オンラインストアから発送してもらうのが良いでしょう。オンラインストアはこちらから▼


またプリザーブドフラワーのニコライ・バーグマンもすぐ近く(100mくらい)なのでデンマークのフラワーショップと日本のフラワーショップをハシゴしてみるのもいいですね。

▲こちらはティーハウスの店内ですね。

奥の壁際の席の様子ですが、まるで森の中でティータイムを過ごしているみたいな気持ちになれます

▲そんな雰囲気はトイレの中まで統一されています

スポンサーリンク

南青山本店の場所とアクセス

最寄り駅は表参道です。前の店舗と同じA5出口から出たら根津美術館の方へ向かい、2つ目の信号のプラダの角を右へ入ります。100mほど行くと左手に「グラッセリア青山」という施設があります。

表参道の駅から5分弱です。

▲グラッセリア青山の通り側がショップの入口、奥の入口がティーハウスの入口です。

表参道駅のB3出口から出てニコライ・バーグマンのFlagship Storeの前を通って「子ども家庭支援センター」の角を曲がるというルートも。これも駅から5分弱なのです。

骨董通りからは小原流会館の脇の信号を入ればすぐです。分かりやすいルートでどうぞ。

それにしてもニコライ・バーグマンのFlagship StoreとNOMU Cafeも本当にすぐ近くで、ブランドとしての格は違いますけどどちらにしようか迷いますよね。

逆に週末のモーニングを考えるとcrisscrossがすぐ近くにあって選択肢が増えるのは嬉しいですね。

今は平日のモーニングはテラスも室内も好きな席を取れますが、平日のランチタイム以降は入店待ちになっています。

週末はモーニングの時間から混み合うかもしれません。訪問する際は時間に余裕をもってでかけた方が良さそうですし、週末のモーニングはできるだけ早い時間の方が良いと思います

青山フラワーマーケットのティーハウス、半年ぶりの復活を待ち望んでいた人も多いと思います。店舗もメニューもパワーアップしてのリニューアルですので期待して訪問してみてください

メニュー

最後にメニューを紹介します。

▲オープン記念のスペシャルメニューです。

通常の花かんむりのフレンチトーストと違ってゴージャスなバラをふんだんに使った「バラ咲く花かんむりのフレンチトースト」と「バラと苺のソーダ」でした。

最新のメニューはホームページでも確認できます。

ティーメニュー

ティーハウスなのでコーヒーはなくても紅茶メニューは充実です。

▲イチオシのフレッシュハーブティー。

ハーブの香りを楽しめます。

▲オリジナルのブレンドティー。

何度も通って好みの味を見つけたいです。

スポンサーリンク

フードメニュー

フードメニューは11時からの提供になります。

▲マンスリープレートとかベーコンフレンチトーストなど、モーニングよりボリュームあるメニューが用意されています。

▲特製オムライス。

どのメニューも身体に優しそうなのが嬉しいです。

スイーツメニュー

スイーツ類も充実しています。

▲「花かんむりのフレンチトースト」と「自家製フレンチトースト」。

自家製フレンチトーストの方はモーニングセットとして提供されている、4月いっぱいは花かんむりのフレンチトーストのみの提供だそうです。

▲お花畑クッキーとか自家製フレンチトースト。

フードメニューのフレンチトーストはバゲット5切れでしたが、スイーツのフレンチトーストはバゲットの数が少なくなっているようです。

▲フラワーパフェとバラのゼリー。

バラのゼリーはニコライ・バーグマンにもある・・・

スポンサーリンク

以前の店舗より広く明るくなり、メニューもSNSを意識して素材から見栄えまで細かく気が配られています。

もともと人気店でしたがさらに人気が爆発しそうな予感です。

リニューアルした話題性もあって相当混雑していますが、でも今一番押さえておきたい表参道のお店です

青山フラワーマーケット南青山本店 基本情報

店名 青山フラワーマーケット南青山本店
住所 港区南青山 5-4-41
最寄駅 表参道駅
定休日 なし
営業時間 8:00 – 19:00
喫煙・禁煙 禁煙

記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
南麻布恵比寿渋谷ギャラリー表参道原宿麻布十番東麻布南青山乃木坂六本木ヒルズ西麻布深夜営業現代美術西麻布の交差点現代アートカフェ美術館青山ランチ一の橋交差点喫茶店赤坂広尾麻布台飯倉外苑前代官山六本木コーヒー
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク