アマムダコタンのドーナツ専門店「I’m donut ? (アイムドーナツ?)」最短10分で買えることもある中目黒の混雑は? 行列はどのくらい?

SNSでシェア:

I’m donut ? (アイムドーナツ?)

表参道の行列ができるマリトッツォで有名な福岡発祥のベーカリー「アマムダコタン」。その東京での2店舗目はドーナツ店。2022年春に中目黒にオープンした生ドーナツ屋さん「I’m donut ? (アイムドーナツ?) 中目黒店」です

▲表参道のアマムダコタンで限定発売している「生ドーナツ」をさらにバリエーションとバージョンをアップしたドーナツみたいです。

中目黒店で買えるドーナツは8種類。やはり2022年にオープンした2号店となるアイムドーナツ? 渋谷店よりは種類が少ないです。

その代わり中目黒の方が駅にも近く行列の進みも早いので、手軽にアイムドーナツをという時はこちらの方が良さそうです。

私たちがドーナツを買った時は行列に並んでちょうど10分でドーナツを受け取ることができました。

スポンサーリンク

アイムドーナツ?を買ってみた

平日の夕方、ドーナツが売り切れるかどうかのギリギリのタイミングで訪問してみました。

▲正確には平日の午後3時ちょっと過ぎ。行列に並んでいるのは10組もいません。

同じ平日でも16時を過ぎると売り切れていることも多いので、行列の長さと在庫ドーナツの数を見比べ、イケる! と判断して並びます。

▲といっても、中目黒で8種類あるドーナツのうち4種類は売り切れ。実際に順番が来てオーダーする時にはもう1種類も売り切れていて、注文できるのは3種類だけでした。

▲棚に並ぶドーナツがこの日の最後のドーナツです。

夕方に補充され売切がなくなった!

以前はドーナツが売り切れたらそこでおしまいだったのですが、2023年5月からは夕方にドーナツが再入荷され補充されるようになりました。

補充される時刻はその日によって14時半から15時くらいの間で変動するみたいで、いつ補充されるかは店頭に貼り紙してお知らせするそうです。

中目黒店へ行って、たとえ売り切れていても夕方まで待てば買えるのは嬉しいですね。中目黒なら時間をつぶす場所はいくらでもあります。なお全8種類のうちプロシュートだけは補充されないようです。

スポンサーリンク

アイムドーナツ?の買い方

中目黒店はドーナツが8種類しかないので買い方もシンプル。

オーダー表に記入してスタッフさんに渡し、レジで精算してドーナツを受け取ります。

▲行列に並んでいるうちにオーダー表に欲しい種類と数量を記入して係のスタッフに渡します。

自分の名前も記入するのを忘れずに。

▲オーダーはもう通っているので、レジで名前が呼ばれるまで何もやることがありません。

▲名前が呼ばれたらレジで決済して終了です。

この日は行列に並んでからここまでちょうど10分でした。

なお、決済で使えるのは現金とPayPayだけですから注意してください。

スポンサーリンク

アイムドーナツ?中目黒のメニュー

中目黒で買える8種類のドーナツを紹介します。

▲サンプルはお店のレジ横に置かれています。でも、行列に並びながらオーダーしてレジで決済と受け取りをするので、このサンプルを見るのはドーナツを受け取ってからなんですよね。

▲スタンダードドーナツは4種類。実際には中目黒にはピスタチオはありませんでした。また、カカオというのは店舗ではチョコレートと呼ばれています。

▲クリームドーナツはカスタード、ピスタチオそれとフランボワーズの3種類。

どれも人気の高いドーナツです。

▲それと惣菜ドーナツとしてプロシュート。

これら8種類が中目黒で買えるドーナツです。

▲これはピスタチオクリーム。

フワフワなドーナツの中にピスタチオのクリームがギュウギュウに詰まっています。

▲これはグレーズド。砂糖をまぶしたドーナツで、アイムドーナツ? の中でも一番普通のドーナツに近いものです。

それにしてもこのフワフワとした感じはたまりませんね。

その代わり、食べるのはその日のうちに。

スポンサーリンク

アイムドーナツ?の行列

▲平日の9:30頃、つまり開店30分前です。すでに行列ができていて東急ストアの前まで繋がっています。

やはり朝イチで訪問しようと考えてる人が多いのでしょう。

▲でもこれは平日のお昼時。以前だったらガード下からハミ出すくらいの行列でしたが、意外と落ち着いています。

週末はともかく平日の昼間、朝イチを避ければそれほど長く待たずに購入できそうです。

▲これは週末の様子。

みんな以前より買いやすいかもと考えて中目黒にやって来ているのでしょう。

▲でも平日だと行列の長さもだいぶ短くなっています。ピークを避ければ長いときでもこのこの程度です。

時間が取れるなら平日を狙って訪問した方が良さそうです

スポンサーリンク

▲アイムドーナツ? の店舗の場所は中目黒駅の高架下。独立した店舗ではなくて蔦屋書店内の店舗です。

ちなみにこの写真はオープン初日の行列。この日は朝から雨でしたが、高架下なので雨に濡れる心配もなく長い行列ができていました。

▲行列はそのまま蔦屋書店の店舗に沿って並んでいます。

赤いコーンのところまでが行列の最初のブロック。

でもそこからさらに続きます。

▲こちらは隣のスタバの店舗のところ。ここもぐるっと並んでいます。

行列を途中で区切って並ぶのは表参道のアマムダコタンと同じ方式です。

▲そしてスタバの脇にコーンが並べられ、ここで折り返して並ぶようです。

▲左側が蔦屋書店、右側がスタバです。

▲行列の並び方を紙に書くとこうなります

スポンサーリンク

アイムドーナツ ? の店舗とユニフォーム

▲中目黒駅の正面改札を出て山手通りを信号で渡った反対側がアイムドーナツ? 中目黒店です。

この写真で右側に並んでいる人たちはオーダーしたドーナツを受け取るのを待っている人たちです。オーダーしてからドーナツを受け取り精算するまで数分くらい並ぶ感じです。

▲キッチンではスタッフの方がドーナツをせっせと作っていますから、その様子を見ながら自分のドーナツが出てくるのを待ちます。

▲見えにくいのですが、「I’m donut ?」のロゴがついたセーラーカラーが可愛いスタッフの制服は蒼井優さんやYUKIさん、原田知世さんなどのスタイリングで有名なスタイリストの大森伃佑子さんのデザインです。

▲イメージの源はドラゴンクエストの僧侶のローブなんだそうです。

ドーナツの種類と価格

気になるドーナツの種類とお値段ですが次の通りです。オーダーレジでオーダーシートを渡されるのでそこに欲しい数量を記入してスタッフに渡します。(価格は税抜です)

I’m donut ? (プレーン)  − 190円
chocolate (チョコレート生地) − 280円
glazed (アイシングしたリングドーナツ) − 220円
lemon (レモンアイシングのリングドーナツ) − 260円
custard (カスタードクリーム) − 390円
framboise (フランボワーズレアチーズクリーム) − 410円
pistacchio (ピスタチオクリーム) − 420円
prosciutto (生ハムを乗せたオリーブ入り塩ドーナツ) − 360円

スポンサーリンク

I’m Donut ?への行き方

アクセスは中目黒駅。

改札を出れば目の前がI’m donut ?(アイムドーナツ ?)です。

▲中目黒駅は地下鉄の日比谷線、東急東横線(副都心線)が使えるのでアクセスも便利ですし、駅を出た目の前がアイムドーナツ? でしかも高架下ですから、この日のように天気が悪くても安心ですね。

表参道のアマムダコタン同様、当分は毎日行列になると思います。

目黒川の桜見物と合わせてドーナツを買ってみるのもいいですし、通勤通学の途中にちょっと時間を取って並んでみるのも良いかもしれませんね。

表参道のアマムダコタンの様子はこちらの記事もどうぞ。

I’m donut ? 基本情報

店名 I’m donut ? アイム ドーナツ?
住所 目黒区上目黒 1-22-10
最寄駅 中目黒駅
定休日 なし
営業時間 9:00 – 19:00
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
南麻布コーヒー六本木ヒルズ広尾喫茶店六本木代官山現代美術外苑前現代アート東麻布表参道麻布十番ランチ原宿深夜営業美術館一の橋交差点赤坂青山飯倉西麻布の交差点渋谷ギャラリーカフェ南青山乃木坂麻布台恵比寿西麻布
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク