六本木でビーガンや外国人に人気、ヘルシーなファラフェルが食べられる「ファラフェルブラザーズ 六本木コーナー」

SNSでシェア:

ファラフェル・ブラザーズ・コーナー六本木

ファラフェルをメインに据えたヴィーガンレストランの「ファラフェル・ブラザース」。創業店だった六本木のファラフェル・ブラザーズと隣の「ブラザーズコーナー」の2つの店舗が統合されて「ファラフェルブラザーズ 六本木コーナー」として再出発しています。

▲六本木の交差点から芋洗坂を下っていくと目に入る「The Falafel Brothers Corner」のネームとピタを頬張る大きな女性のイラスト。

ここが「ファラフェル・ブラザーズ 六本木コーナー」です。以前はファラフェルブラザーズコーナーという名称で、すぐ隣のファラフェルブラザーズ六本木とは別扱いだったのですが、今は一つの店舗になっています。

スポンサーリンク

六本木コーナーの場所

六本木の芋洗坂の中ほど。六本木交差点からも近い場所です。

▲六本木の交差点から芋洗坂を100mほど下りていくと目に入るイラスト。

六本木ヒルズからも歩いて3分ほど。郵便局のところまで行けば目の前に見えるはずです。

▲けやき坂の方から登ってきた場合は芋洗坂と饂飩坂へ分岐する交差点の角になります

スポンサーリンク

六本木コーナーのメニューとオーダー方法

以前とはちょっとメニューが異なっています。

▲オーダーは先にこのカウンターで。

ピタサンド、ハンバーガー、プレートといった種類のあるメインメニューとベースになる野菜をほうれん草、ケール、レタスからから選びます。全部入れも追加料金無しで対応してもらえます。またドリンク類もこの時にオーダーします。

そこから調理に入るので一旦店内に席を見つけ、ブザーで呼ばれるのを待ちます。

調理が終わってブザーで呼ばれたらカウンターに戻ってトッピングを2種類、ヒニソースそして必要ならサイドメニューを選びます。

初めての人はちょっと戸惑うかもしれませんが、スタッフが丁寧に教えくれるので大丈夫。

▲トッピング。

フムスはデフォルトで入っているので、追加したい場合以外はオーダーする必要はありません。

▲トッピングの種類は10種類以上。

分からないものがあればスタッフに尋ねればOK。そもそもファラフェルとかピタは日本では馴染みがないので知らない人の方が多いのですから。

▲サイドメニュー。

すべてヴィーガンメニューです。ヴィーガンなのに唐揚げとかありますけど大豆を使った植物性の唐揚げです。

▲ヴィーガンスイーツのメニューも。これはファラフェル・ブラザーズのオーナーの奥さん(=eggcellentの方)が立ち上げたヴェジブランドのスィーツです。

パンデミック前まではファラフェルブラザーズの店頭のベンチでピタを食べていると海外からの観光客から、それはピタか?、どこで買ったのか?、美味しいのか?などと声を掛けられることも多かったんですよね。

スポンサーリンク

六本木コーナーの店内

以前とはメニューと外観がちょっと変わりましたが店内は以前と同じです。

”コーナー” という店名のとおり角地の店舗なので広さはあまりありません。

▲芋洗坂沿いに大きなガラス窓があるので六本木を行き交う人たちを眺めながらファラフェルを食べることになります。

また以前と違って食器の返却はセルフサービスです。

▲レジ&オーダーカウンターとトッピングが入るケース。▲これは店内の奥にある窓際の席。

一応3人掛けなのですが、5人までOKです。

▲というのは、外にも椅子があるから。

外に2名、店内に3名。5人で使ってもいいですし、別々に使ってもOKですね。

スポンサーリンク

六本木コーナーの商品

家でピタサンドやイスラエル料理をという人向けにファラフェルやフムスも販売しています。

▲冷凍のピタやフムスなど。

ピタ・ザ・グレートやタイームから仕入れているところも多いのですが、ファラフェルブラザーズは自家製です。

▲タヒニやレトルト食材、アパレルもあります

スポンサーリンク

六本木コーナーのファラフェルピタサンド

結局いつも食べるのは同じもののような気がしますが、ファラフェル入りのピタのセット。

▲ピタのサイズはハーフサイズ。ドリンクとポテトが付いて1,000円です。
(ちょっとだけ値上がりしました)

この時のトッピングは豆類を多くしてヒニソースはスパイシーを選択しています。

▲日本人のランチとしてはこのサイズがぴったりですね。

フルサイズにするとかなり巨大なものが出てきます。

▲これはまた別の日。ハーフサイズのピタサンド単体とドリンクで850円。

かぶりついて食べても、フォークでピックングしながら食べてもOK。

▲ランチタイムをちょっと外すと空いていますね。

ただ目ざとく見つけたインバウンドのお客さんや、六本木でファラフェルやフムスならここと知っている外国人のお客さんが多くインターナショナルな感じのお店です

スポンサーリンク

六本木コーナーの営業時間

ファラフェルブラザーズの恵比寿店が11時開店なのに対して六本木コーナーは朝8時30分から開いています(日曜日だけは9時30分から)。

六本木でベジなランチとしてファラフェルとピタを食べたいような時、インターナショナルな雰囲気の中でピタサンドでランチなどいう時にはぴったりかも。もちろんファラフェル好き、イスラエル料理好き、ベジタリアンな方にとっては外せません。

ファラフェルブラザーズ 六本木コーナー 基本情報

店名 ファラフェルブラザーズ 六本木コーナー
住所 港区六本木5-1-11
定休日 なし
時間 8:30 – 21:00 (月〜木)
8:30 – 22:30 (金土)
9:30 – 21:00 (日)
予約 不要

スポンサーリンク

記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
一の橋交差点代官山表参道南麻布西麻布麻布十番乃木坂六本木ヒルズ東麻布コーヒー西麻布の交差点カフェ青山現代アート赤坂南青山深夜営業ギャラリー外苑前広尾恵比寿渋谷原宿美術館喫茶店六本木飯倉ランチ現代美術麻布台
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク