19世紀から続く老舗洋菓子店はバナナケーキが名物。ランチも人気な内幸町の「田村町木村屋」

SNSでシェア:

田村町木村屋

日本でも屈指の長い歴史を持つ銀座の老舗パン店「木村屋總本店」には暖簾分けした「木村屋」がいくつもあるのですが、その中で東京で唯一残っているのが新橋内幸町の「田村町木村屋」です。暖簾分けされ開業したのが1900年ですから軽く100年以上、3世紀に渡って続く老舗ですほぼずっと同じ場所で営業していて、少し前までは三田に洋食店舗があったのですが、そちらはパンデミック中に閉店。その代わり、内幸町に新しくできた日比谷フォートタワービルにイートインもできる店舗が開店しています。▲店名に ”田村町” と付くのは店舗の場所が昔の芝田村町だから。戦後になって新橋の西だから西新橋という味も素っ気もない町名になってしまいましたが、この田村町木村屋の名前に町名が残っていますスポンサーリンク
前述の通り、田村町木村屋の1900年(明治33年)。つまり19世紀から3世紀に渡って営業していることになります。店内に恭しく掲示されている木村屋の屋号の使用許可証。もちろん公的なものではなく、木村屋總本店が発行した直系の暖簾分け店であることを示すものです。なんでも木村屋總本店からの暖簾分けと称する ”木村屋” が乱立したため、本当に暖簾分けした店舗にだけこうした証明書を発行したそうです。田村町木村屋は第8号のようです。またこの場所は都営地下鉄三田線、内幸町(うちさいわいちょう)駅のA2出口の真正面。地下鉄の方が後でしょうから、期せずして駅間近という立地になっています。

田村町木村屋の店内

長い歴史を持つ老舗だけに店舗は自社ビル。

 

ビル自体はそれほど古くないのですがファサードがレトロ調にまとめられていて、近代的なビルや古くからの建物が並ぶ西新橋のオフィス街で老舗感を醸し出しています

▲店内はケーキ、パン売り場とカフェスペース

商品ケースに並ぶケーキは老舗の洋菓子店! という感じで圧巻です。すべて新橋の自社工場で製造しているそうです。

古くから続いているようなバタークリームのケーキから、21世紀になってから登場しただろうフルーツタルトまで。老舗とはいえ昔からの味だけで勝負なんてことはなく、今どきの洋菓子店として利用できます

▲これはカフェスペースのキッチン。

客席は2人用の小さなテーブル席が数卓。あまり広い店内ではなく、あくまでベーカリーのカフェです

スポンサーリンク

田村町木村屋のカフェメニュー

それではカフェメニューを見てみます。▲軽食はセット物になっていて、日替わりのサンドイッチとスープそれとドリンクの「デリカセット」1,200円。キッシュとサラダとドリンクの「キッシュセット」1,100円。さらに300円のオプションとして、好みのケーキを選べる「デザートセット」にアップグレードすることができます。▲こちらはドリンクのメニュー。ブレンドコーヒーが520円です。ケーキに合うよう濃いめに淹れているそうです▲これはショーケースに並ぶケーキです。デリカセットかキッシュセットでランチして、さらにデザートセットを付けると300円で好きなケーキを選べます。どれも400円とか500円するので、つい頭の中でどれがお得か計算してしまいます。

 

スポンサーリンク

田村町木村屋のランチ

この日は遅めのランチと早めのおやつを一緒にオーダーしました。▲写真で上がキッシュセット、下がデリカセットです。デリカセットのサンドイッチはその日の日替わりサンドイッチ。この日はビーフパストラミとクリームチーズのサンドイッチでした。キッシュセットの方はショーケースに並ぶ好きなキッシュを選ぶことができます

 

▲こちらはキッシュセットのキッシュ。

この日チョイスしたのは生ハムとゴルゴンゾーラのキッシュ。卵が濃厚です

 

▲フルーツのショートケーキ、500円。

フルーツのショートケーキと聞いて日本人の誰もが頭に思う浮かぶイメージがこれですね。

▲バタークリームのケーキ、450円。

スポンジにバタークリームをサンドしたケーキ。これは見た目も味もレトロです。昔はこれが洋菓子としてのケーキの定番だったのではないでしょうか。

▲タルト・フィグ(焼き込みいちじくのタルト)、450円。

実は田村町木村屋のケーキで一番の名物、人気メニューはバナナケーキ、324円(税込み)なのですが、この日はランチしている間に売り切れてしまいました。

スポンサーリンク

バナナケーキとフォートタワー店

本店のバナナケーキは売り切れるのが早いです。お昼休みに買いに来るお客さんも多く、のんびりランチしていると売り切れてしまいます。でもそんな時は近くの日比谷フォートタワー店なら手に入りやすいようなので、フォートタワー店へ足を運んでみましょう。▲最近できた日比谷フォートタワーの1階ロビー、近代的なオフィスビルの総合受付の隣というロケーションです。本店は内幸町駅出口の目の前でしたがフォートタワー自体は同じ内幸町駅から50mくらい。最寄り駅が内幸町なことは変わりありません。ケーキなど洋菓子の販売、それと本店と同じようにカフェが併設されています。▲平日午後の訪問でしたが、まだこんなに沢山ありました。内幸町の本店と違いフォートタワー店は開業してから日も浅く存在を知られていないのかもしれません。バナナケーキは1個324円(税込み)です。また要冷蔵なのでよほど近所でない限り保冷剤を付けてもらいます。

 

賞味期限はその日のうちということですが、1日経つとバナナが黒くなって見た目が悪くなるというのが大きな理由みたいです。

 

手に持つとずっしり重たいですね。重いバナナをクレープで巻いたような感じに見えます。

▲ナイフを入れて半分にしてみました。

太いバナナを真ん中に、カスタードクリームとクレープで包み込んだケーキ。そんな表現がぴったりです。

本店でバナナケーキなどお目当てのものものが売り切れてしまっていていもフォートタワー店では手に入るかもしれません。本店と日比谷フォートタワー店は日比谷通りを挟んでこっち側とあっち側で徒歩3分くらいですから、そんな時はフォートタワー店へ行ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

田村町木村屋の場所とアクセス

田村町木村屋の田村町本店の場所は日比谷通りと外堀通りが交わる西新橋交差点の角。駅でいうと都営三田線内幸町駅で、A2出口を出た目の前が店舗です。駅から徒歩3秒くらい。日比谷フォートタワー店は同じく内幸町駅のA8出口(エレベーター)を出た目の前のビルの裏手が日比谷フォートタワーです。駅から100m、徒歩1分くらい。どちらの店舗も内幸町駅から近いですし、また店舗間も歩いて往来できますから、本店でカフェしてフォートタワー店でゆっくりケーキを品定めみたいな利用も可能です。週末はお休みなので平日に利用することになると思いますが、ランチタイムは近隣の女子利用で混み合います。その時間帯を避けて利用するのが良いでしょう

基本情報

店名 田村町木村屋 田村町本店
住所 港区新橋1丁目18−19  MAP
最寄駅 都営三田線 内幸町駅A2出口前
定休日 土日
営業時間 9:00 – 19:30

営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。

スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
飯倉ランチ麻布十番カフェ喫茶店一の橋交差点代官山六本木ヒルズ深夜営業渋谷表参道恵比寿麻布台原宿西麻布白金台乃木坂六本木現代美術美術館ギャラリー外苑前西麻布の交差点青山コーヒー広尾現代アート南青山東麻布南麻布
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク