コーヒー一杯で幸せになれるスペシャルティコーヒーの「猿田彦珈琲」。いつも満席の恵比寿本店で幸せを感じよう

SNSでシェア:

猿田彦珈琲

スペシャルティコーヒーの人気ブランド「猿田彦珈琲」は恵比寿が発祥の地。

恵比寿駅に近いその本店はたぶん初めて通り掛かる人は見逃してしまうようなとっても小さい店舗です。

でもインバウンド客からの根強い支持と人気もあって平日でもいつも満席。週末ともなると開店から夜になるまで、いつも大勢のお客さんが外にまで溢れています。

▲例の「猿田彦」のシンボルマークがさりげなく店先にぶら下がっています。

▲恵比寿駅東口の ”恵比寿通り” 沿いに建つ猿田彦珈琲の恵比寿本店です。

この日は平日の午後。奇跡的に空いている時間帯でした。店頭にはベンチ置かれ、ここでコーヒーを飲んでいる人たちも見えますね。

こんな人気店で、スペシャルティコーヒー専門店として全国的にも有名な猿田彦ですが、考えてみるとこの世界にデビューしてまだ10年ちょっとしか経っていないんですよね。

スポンサーリンク

恵比寿本店とメニュー

恵比寿本店は平日は朝8時から営業ですが週末は10時開店。

▲平日朝の猿田彦珈琲です。

モーニングコーヒー350円の看板が目立ちますね。通常450円ですからお得です。

そのせいか朝早いのに店内にはお客さんの姿も多いです。

▲午前中はそこまで混むことはないですし、店員さんの手が空いてくると店頭に出て呼び込みしていることもあったりします。

でも午後になると様子が一変。平日でもだいたいこんな感じです。

▲これはオーダーカウンターに置かれているメニュー。これ以外にその日の豆を紹介するボードも置かれています。

以前はコーヒー豆を選んだりスタッフさんと相談していろいろアレンジするカスタムオーダーができたのですが、最近は混雑が激しくて対応に時間がかかることとはできなくなっているみたいです。

世界的に有名な日本のサードウェーブコーヒーの、それも猿田彦珈琲なので海外からのお客さんも多く目にします。

スポンサーリンク

猿田彦珈琲の店内

▲こちらは窓際のカウンター席、横には販売コーナーもあります。

黒板に ”歩いて10秒!! 本店豆屋別館” と書かれています。さすがに10秒は大げさですが本店から白金側に30mくらい。タバコ屋の向こうに豆や器具などを扱う「豆屋別館」があります。

▲店内にはテーブル席もありますが、9人分です。

窓の外にタバコ屋さんが見えますが、その先が猿田彦珈琲の「別館 豆屋」です。
(今はタバコ屋さんは閉店しています)

▲木製のベンチシートと対面する席もこんな感じの木の椅子です。

椅子もテーブルも小さいのでウダウダと長居をするようなお店でなく、サッとコーヒーを飲むかテイクアウトするのが通っぽくてオシャレですね。

▲とはいえベンチシート背面には電源もあります。

もちろん自由に使っていいのですが、時々Macを広げて猿田彦でドヤリングしているお客さんがいたりします。さすがにそれは野暮ですよね。

▲壁際にはこんなかわいいディプレイも。

恵比寿本店は平日は朝8時から営業していますが週末は10時開店なので開店時刻については注意が必要です。

また喫茶店としては遅い時間まで営業しています。通常は夜の22時まで、金曜日と土曜日は23:30まで。しかも遅い時間でも結構混んでいたりします。やはり休前日は夜まで恵比寿で時間を過ごす人が多いからでしょう。

スポンサーリンク

猿田彦珈琲のコーヒー

この日はホットコーヒーとアイスのソイラテをオーダーしてみました。

▲手前がアイスソイラテ、奥がホットコーヒー。

▲猿田彦のロゴ入りカップに入ったコーヒー。

▲これは別の日でテイクアウト用の「水出しアイスコーヒー」。

▲カウンター席の片隅には店主からのメッセージが置いてあります。

スーパーやコンビニでも猿田彦珈琲を売っていますが、やはり店舗の空間、空気感と一緒にコーヒーを味わう時間の方が大切ですね。

平日に恵比寿に行くことがあったら、ちょっと猿田彦珈琲に寄ってみて店内で味わったり本物をテイクアウトしてみてください。

猿田彦珈琲 別館 豆屋

店内の黒板に書かれていた通り、本店のすぐそばにコーヒー豆を販売しているお店、その名も「豆屋」があります。

▲こちらが豆屋です。

豆を購入する前に試飲もできますし、猿田彦グッズもいろいろ取り扱っています。

▲テントには思い切りオリエンタルな描かれていて、インバウンドのお客さんを意識しているようです。

▲ちなみに本店との位置関係はこんな感じ。

写真の左側に見えるのが猿田彦珈琲本店です。
(今は隣のタバコ屋さんは閉店しています)

スポンサーリンク

本店が混んでいたらアトレ店へ

ただ、本店は週末の午後となると前述の通り、かなり混み合います。どうしても今すぐ猿田彦珈琲のコーヒーが飲みたいなんていう時にはちょっと困りますね。

そんな時はすぐ近くにあるアトレ恵比寿西館の中の猿田彦珈琲に行ってみましょう。

▲本店のある東口側から恵比寿駅の構内を抜けて西口にあるアトレへ向かいます。

このアトレ恵比寿の西館の1F入り口を入ってすぐのところに猿田彦珈琲アトレ店があります。1Fのさらに入り口横にはシェイクシャックがあリます。

▲アトレに入てすぐ目の前に猿田彦珈琲のカウンター。この奥にイートインの座席があります。

▲席数はそんなにありませんが本店に比べれば広いです。

▲これは週末のお昼頃の写真です。見ての通りさほど混み合ってはいません。でも恵比寿本店の方は入店待ちの行列ができている時間帯です。

アトレの猿田彦珈琲はコーヒーこそ猿田彦珈琲ですが、内装など店内の雰囲気はどこにでもある駅ビルの喫茶店ですから、猿田彦珈琲の雰囲気も含めて楽しもうと思ったり、初めての訪問だったらやはり路面店の恵比寿本店を利用したいですね。

猿田彦珈琲 恵比寿本店 基本情報

店名 猿田彦珈琲 恵比寿本店
住所 渋谷区恵比寿 1-6-6
最寄駅 恵比寿駅
定休日 なし
営業時間 8:00 – 22:00 (月〜木)
8:00 – 23:30 (金)
10:00 – 23:30 (土)
10:00 – 22:00 (日)

猿田彦珈琲 アトレ恵比寿店 基本情報

店名 猿田彦珈琲 アトレ恵比寿店
住所 渋谷区恵比寿南 1-6-1 アトレ恵比寿西館
最寄駅 恵比寿駅
定休日 なし
営業時間 8:00 – 22:30

猿田彦珈琲 別館豆屋 基本情報

店名 猿田彦珈琲 別館 豆屋
住所 渋谷区恵比寿南 1-5-1
最寄駅 恵比寿駅
定休日 月曜日
営業時間 12:00 – 19:30
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク