日赤医療センターのコンビニ 「グリーンリーブスモール(Green Leaves Mall)」(閉店)

SNSでシェア:

西麻布のお隣、広尾にある日赤医療センターは麻布界隈に住んでる人だけでなく広く遠方から通院している人も多い総合病院です。今回はこの日赤内にあるコンビニ「グリーンリーブスモール」を紹介します。グリーンスリーブスモールは閉店し2024年7月1日から病院内の別の場所に「ローソン」が開店しました。今後は日赤医療センター内の売店/コンビニ機能はローソンが担います。

グリーンリーブスモール

日赤の1Fに「グリーンリーブスモール(Green Leaves Mall)」というコンビニエンスストアがあるのをご存知でしょうか。実はここ朝7時から夜11時まで営業しており、病院に用事がない人でも利用することができることはあまり知られていないかもしれません。
(パンデミック後、当面は夜9時までの営業です)
スポンサーリンク

コンビニの品揃え

店舗面積は広めのコンビニという程度で決して大きい店ではありませんが、一般的な病院内にあるお店にしては広い方でしょう。車椅子や点滴を腕に刺したまま買い物に来る人の為に通路はたっぷりした広さが確保されています。いわば究極のバリアフリー店舗ですね。品揃えは病院内のお店なので、パジャマやスリッパ、マグカップ、洗面用具などの入院に必要なものから、おむつや医薬品など、通常のコンビニではみられないものもたくさん揃っています。

豊富なフルーツ

パンデミック前は茅場町にあるイマノフルーツファクトリーの商品を扱っていたのですが、今は別の業者の商品に変わっています。瓶に入った「昔ながらのプリン」やカットフルーツなど

スペシャルな商品

この店にあるのはブランド品はイマノフルーツファクトリーだけではありません。ベーグル&ベーグルのベーグルも3−4種あります。また、マクロビの有名ブランド、チャヤマクロビオテックの食品シリーズが何気なく並んでいたりします。マカロンで有名な銀座のブールミッシュのマカロンも、ここではバラ売りされていたりします。変わり種ではクロックスのサンダルも!スポンサーリンク

普通のコンビニとして

入院患者さんやお見舞い客のためだけでなく、普通のコンビニとしての商品も当然並んでいます。心なしかお菓子類が豊富な気もしますがそれはきっと気のせいでしょう。このように普通のコンビニお弁当も売られています。ちょっと変わってるのが松屋のお弁当も売られているところ。松屋といっても銀座の松屋ではなく牛丼の松屋の方で、一日に何回か入荷しているようです。夜にも入荷するのは夜勤の先生や看護師さんの夜食になるのでしょうか。なので夜は残り少ない牛丼を買うのはちょっと気が引けてしまいますね。▲とんかつのまい泉のかつサンドなども販売されています。日赤医療センターにお見舞いに行ったり付き添いで訪問した時などにも便利なコンビニです。(なおCOVID-19の影響で日赤医療センターへの来院者が減ったりいろいろ影響があったのか、店舗の一部が閉鎖され売り場面積が多少減っています)日赤医療センター内グリーンスリーブスモール渋谷区 広尾 4-1-22
定休日:なし
営業時間: 7:00 – 23:00 (当面は21:00まで)

スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク