GW中も満開で見頃が続く三田の芝桜。2024年も都心の超高層ビルの庭をピンクに染める芝桜(シバザクラ)

SNSでシェア:

三田ツインビルの芝桜

桜の次に見頃になる「芝桜(シバザクラ)」というと郊外の大きな公園が名所だったりしますが、都心の港区三田、それも第一京浜沿いの住友不動産三田ツインビルも芝桜の名所です。

例年4月の上旬から咲き始めて下旬まで楽しめるのですが、2024年は全面植え替えをしたこともあり例年よりやや遅れての満開になりそうです。

▲三田ツインビル西館43階建ての超高層ビル。季節になるとその約1ヘクタールある庭園がこのように芝桜で埋め尽くされます。

この芝桜が咲く庭園は公開空地という扱いなので休日も含め誰でも出入りすることができます。

スポンサーリンク

2024年の芝桜

2023年は4月に入ってから芝桜のポットを全面的に植え替え、育成に取り掛かかりました。

そのため例年のような絨毯を敷き詰めたような芝桜は見られなくて、全体的に隙間が目立つ芝桜になっています。

▲GW前半の芝桜です。たぶんこれで満開で、このままの状態でGW明けまで楽しめると思います。

▲これもGW前半。

これ以上花が増えたり色が鮮やかになるのはちょっと期待薄な感じ。

以前のような状態に戻るのは来年2025年以降になるかと思います。

▲これは4月13日の芝桜です。

かなりピンク色に染まっていますが植え替えたばかりということもあって隙間が目立ちます。

▲ただ少し離れれば十分に満開。

絨毯を敷き詰めたように芝ざくらが咲き誇る光景は今年はちょっと難しいかもしれません。

▲芝桜(シバザクラ)が満開になるとビルにリフレクトしてそれは美しいのですが、そうなるまでにはもう少し時間がかかりそうでう。

▲4月13日と芝ざくら祭りの14日はまだまだ育成中という芝桜(シバザクラ)ですが、GW過ぎまでは目に鮮やかなピンクで埋め尽くされるはずです。

▲ビルの中から見ると床にピンクが反射して美しいのですが、今年はまだ鮮やかさが足りないですね。

▲4月20日の週末からが最高潮でしょうか。

▲写真右端の木は「太閤千代しだれ」。

これは2022年に植樹されたもので、豊臣秀吉が「醍醐の花見」を催した京都醍醐寺の「太閤しだれ桜」の子孫樹だそうです。ということは、山種美術館の「土牛の桜」の兄弟なのかもしれません

スポンサーリンク

満開の芝桜

▲芝桜が満開になるとこのような光景。

目に痛いくらいのピンクです

▲ビルのエントランス側から撮ると、床や天井にピンクの芝桜の景色が反射して幻想的な景色になりますね。

たぶんここの芝桜の一番のビューポイントがビルエントランスからだと思います。

▲この庭園部分は2段になっていて、間は通路になっています。▲公開空地のほぼ全景。

左のビルの向こうに芝桜が拡がっていますが階段を挟んだ反対側にも生えています。

2022年までは、都庁なども設計した世界的建築家の丹下健三による「クウェート大使館」ですが見えていましたが、今は間にマンションが建ってしまい見えません。

三田ツインビルと芝桜

芝桜そのものも美しくて見応えがあるのですが、ガラス張りのビルの壁面へのリフレクションも合わせて見るとまた別の美しい姿を見せてくれます。

▲左が三田ツインビル西館のエントランス部分です。そこのガラスにピンクの芝桜が映り込むんですよ。

▲芝桜が生えている部分には立ち入れないんですけど。こうやって本物の芝桜とそのリフレクションを見ているだけでも落ち着きますね。

でもこのビルの向こう側は第一京浜(国道15号)て週末でも多くの自動車が行き交う交通の大動脈、しかもすぐ先は「札の辻交差点」というこれまた交通の要衝があるというロケーションなのです。

▲三田ツインビル西館の敷地に入るとビルのエントランス部分のガラスと向こう側に透ける芝桜など視覚的に楽しめます。いいですねぇこういうロケーションで仕事をしたり住んだりできると。

庭園へのアクセス

前にも書いたように、この芝桜が咲く庭園は住友不動産三田ツインビル西館の公開空地という扱いになっているので誰でも入れます。ビルそのものはオフィスビルなので立ち入るのには制限がありますが、敷地内はそうした制限はありません。

▲田町側から歩くと見えてくる三田ツインビル西館。第一京浜沿いに十数年前に建った高層ビルで今やこの辺りのランドマークです。その前はこの写真で向こうに見える白い「ザ・イトヤマタワー(糸山タワー)」が良くも悪くも有名でしたね。

▲けっこうな大企業や有名企業が入るビルですが休日はほとんど人はいません。

▲オデッサの階段みたいなその奥には江戸時代の遺跡があります。

階段の左に芝桜の庭園が拡がっています。

庭園の左奥にはエレベーターがあってそれを使うと聖坂のクウェート大使館のちょっと上に出られます。

▲これは三田ツインビル西館の出入り口なのですが、すでにここから庭園に咲くピンクの芝桜が見えています。

▲念の為ですがここは三田ツインビル西館です。東館は山手線の外側で実際にはかなり離れた場所にあるので西館と東館を間違えないように。歩道橋を渡ったり遠くの信号を渡ったりで実質1kmくらいあります。

オフィス街のエアポケットみたいな場所にある芝桜なので知名度は低いかもしれませんが、都内の近場でしかも都心らしいシチュエーションでの芝桜を楽しめるスポットです。

スポンサーリンク

元和キリシタン遺跡

同じ敷地の大階段の上には江戸時代の「元和キリシタン遺跡」という旧跡があります。

▲例の階段の上に大きな石が見えます

▲元和9年(1623年)に江戸幕府がキリスト教徒50人を処刑した刑場の石がここに運ばれ遺されているようです

▲詳しい解説はここに

三田ツインビル西館へのアクセス

田町か三田が最寄り駅になります。

▲田町か三田の駅から第一京浜に出て品川方面へ歩き、札の辻交差点のもう少し品川寄り。徒歩10分くらいです。

桜田通りを赤羽橋方面から来たら、札の辻で第一京浜を右に曲がった最初のビルと2つ目のビルの間になります。

なお三田ツインビル西館にパーキングはありません。正確には時間貸しパーキングはありません。クルマの場合は聖坂の方でコインパーキングを探してエレベーターで庭園に下りるのが良いでしょう。

 

▲ちなみに札の辻の交差点の歩道橋は付け替え工事が行われていて2024年6月に正式開通しますが、2月末から暫定通行が可能になっています。田町駅から訪れる場合は便利になりました。

交差点の角には「札の辻スクエア」がオープンしていますし、この辺りも再開発が進んでいます。

合わせて行きたい

芝桜(シバザクラ)だけでも見応えあるのですが、せっかくなので近くの名所なども回ってみたいですね

▲桜田通り沿いの「慶応大学 東門」から慶應大学のキャンパス見学なども楽しいかもしれないですね。

キャンパス内にはイサム・ノグチの彫刻や宇佐美圭司の絵画、そして建物自体などさすが歴史ある伝統校だけあって見どころも多いです。

▲例えばこれは旧図書館です。

1階には誰でも利用できる「八角塔」というカフェがありますし、2階には主に福沢諭吉の足跡をたどる無料の「慶應義塾史展示館」があります。

▲慶応の東門とは桜田通りを挟んだ反対側にあるスペシャリティコーヒーの「PASSAGE COFFEE」は世界チャンピオンが淹れるコーヒー。

この辺りでは珍しいオシャレなサードウェーブ系、しかも週末も営業しているので芝桜見物のあとのひと休みに最適です。

▲そして東京タワー。

札の辻の交差点から東京タワーに向かう桜田通り沿いには映画などで有名な景色があります。

そうした場所を辿りながら東京タワーまで歩くのも楽しいと思いますよ。東京タワーまで歩くと20分以上かかると思いますが楽しい道のりです。

都心のビルの谷間の芝桜。2024年は4月8日の週にはかなりピンクに染まり、GW寸前まで見頃が続きそうです。週末を使って港区三田の芝桜見学などどうでしょう

週末なら人も少ないので思うように撮影ができると思います。東京タワーや慶応大学と周辺の三田も合わせると楽しさも倍増です

港区三田の芝桜 基本情報

場所 住友不動産三田ツインビル西館
住所 港区三田 3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館 公開空地
最寄駅 都営地下鉄 三田駅、田町駅
みごろ 4月上旬〜下旬
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
深夜営業麻布台麻布十番ギャラリー原宿西麻布の交差点カフェ外苑前コーヒー青山渋谷ランチ広尾南青山美術館六本木飯倉南麻布恵比寿代官山現代美術東麻布白金台一の橋交差点乃木坂現代アート六本木ヒルズ西麻布喫茶店表参道
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク