今や貴重なロック喫茶/ロックバー/ライブハウス。渋谷百軒店の伝説的ロック喫茶「B.Y.G」

SNSでシェア:

music from B.Y.G

渋谷道玄坂は百軒店にある「B.Y.G」は1969年オープンの老舗ロック喫茶。夜はロックバーとして、またライブハウスとして日本のロックの歴史を刻んできています。渋谷の「道玄坂二丁目 街並み再生」プロジェクトで今後周辺の雰囲気は変わっていくと思いますがB.Y.G自体は今の場所でこのまま変わらず営業を続けていくようです。▲B.Y.G の入り口。中は1階が喫茶・レストランのフロア、2階が貸し切りフロア、そして地下は80人収容のライブハウスになっています。店頭に灰皿が置かれていることから分かるように、今は店内は禁煙になっています。ロック喫茶やライブハウスというとタバコの煙がもくもくというイメージがありますが、もうタバコを気にすることもないので子ども連れでも安心して利用することができます。スポンサーリンク

B.Y.Gの店内

渋谷エリアで最古参のロック喫茶ということで、店内は歴史を感じる部分、時間が止まったような場所もあります。でも店内にかかっている音楽自体は最新のものまでカバーしている現役のロック喫茶、ロックバーです。▲入り口のドアにはいろいろなバンドのステッカーなどが貼られ、ボブ・ディランが迎えてくれます。▲一歩足を踏み入れるともうそこは70年代のロック喫茶の世界。左の壁にはLPレコードのジャケットが飾られています。この壁の裏側が地下や2階へ通じる螺旋階段、1Fの客席フロアは消毒液が置かれたテーブルの向こう側です▲壁に飾られるのはイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」、「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」。どちらもウエストコーストを代表するアルバムですね。エリック・クラプトンの「461オーシャン・ブールヴァード」やハワイのカラパナのジャケットも。もともとB.Y.Gはこのようなアメリカン・ロックが得意な喫茶でした。
(クラプトンはイギリス人ですがこの頃はアメリカ南部のファンキーな音楽をやっていましたから)
▲カウンターとその後ろに並ぶCDとレコード。在庫はCDとLPを合わせて1万枚以上。リクエストも可能ですスポンサーリンク

B.Y.G の1階

1階は喫茶スペース。タバコのヤニが染み込んだ店内ですが今はもちろん禁煙です。▲壁には多くのミュージシャンたちのサインが。古いのは消えて読めなくなったりしていますが、常に新しく書き足されているので、いつもサインでいっぱいです。テーブルは小ぶり、椅子も小ぶり。こうした席が10卓以上並んでいて、詰めて座れば40人くらい入れるフロアです。▲昼間なのですがそれでも薄暗い店内。音楽を聞きながらぼんやり過ごすにはこのくらいがちょうどいいですね。▲壁際のベンチシート。▲フロアに入ってすぐ左手のベンチ席。ここにもCDが置かれていて、その横にあるのは英国のオルタナロックバンド「カサビアン(Kasabian)」のサインがあります。日本だけでなく世界中のミュージシャンがB.Y.Gを訪れているんですね。スポンサーリンク

ミュージシャンたちのサイン

ということで、店内に残るサインをいくつか見てみましょう。▲ちょっとピンぼけですが、真ん中付近に見えるのは日本のシンガーソングライター、泉谷しげる。その右下にはSuperflyも見えますね。その左下には ”とーべん” こと湯川トーベン。一般的にはあれですが、子供ばんどでの活動など業界では非常に有名で親しまれている方です。▲B.Y.Gといえば「はちみつぱい」。はっぴいえんどと並ぶ日本のロックの先駆者です。当然彼らのサインもあります。2016年という日付から結成45周年記念ライブの時のものだと分かります。鈴木慶一や本多信介などメンバーのサインも見えます。▲2023年に亡くなった鮎川誠のサインは ”Keep A-Rockin'” のメッセージ付き。その上にはフォークシンガーの友部正人のサインも見えます。▲店内の一番奥の壁もサインでいっぱい。ニール・ヤングもにっこりしていますね。▲ベンチ席を挟んだ向かいの壁もサインでいっぱい。そしてこちらにもニール・ヤングのポスタースポンサーリンク

ポスターだらけなB.Y.Gの内装

1階喫茶フロア以外もロック喫茶らしいポスターなどでいっぱいの内装です。▲地下のライブハウスへ降りる螺旋階段。ボブ・マーリィやジャニス・ジョプリンなどのヴィンテージポスターが貼られています。▲「はっぴいえんど」の写真も。はっぴいえんどもB.YGに出演していましたからね。▲これは「風都市」というコンサートのポスターですね。たぶん当時から大事に保存されているのでしょう。はっぴいえんど、はちみつぱい、友部正人、乱魔堂や遠藤賢司らが出演したコンサートのはずです(ただし場所はB.Y.Gではないと思います)。▲トイレは2階が女性用、1階が男性用で、これは男性用トイレの内部。ここもLPジャケットやポスターが所狭しと貼られています▲これはフライヤーなどが置かれているコーナー。現役のライブハウスだということが分かりますね。ただ今はライブの数も激減しているのでこうして喫茶やランチに利用して応援するしかありませんが。▲店頭や店内にも貼られているライブのスケジュール表。でもよく見ると出演者がおかしい。頭脳警察や友部正人はともかく、裸のラリーズに南正人、遠藤賢司にはっぴいえんどやDEWという名前があることは、ここにある「6月」って最近のものではないです。おそらく1972年か1971年だと思うのですが、50年前の6月にはこんな錚々たるミュージシャンたちがここでライブをしていたんですね。スポンサーリンク

喫茶メニューとコーヒー

営業時間は16時(午後4時)から翌朝2時まで。なのであまり喫茶利用というイメージはないかもしれません。でも日曜日は15時(午後3時)から開いているので日曜日は喫茶利用もしやすいですね。▲これはドリンクメニュー。普通にロック喫茶のドリンクメニューです。
(価格、内容は取材時のものです)
パンデミック中はランチタイムも営業していてしかも子供向けキッズメニューもあったのですが、今は平常営業に戻っています。でも子ども連れ、ファミリー、ベビーカーも大歓迎ということなので、ロック喫茶は一人で行くものと思わず家族や子ども連れて訪問してみたいですね。新しい音楽の発見があるかもしれません。▲今回は夕方の渋谷での待ち合わせ時に利用したのでコーヒーのみ音楽を聴きながらだと待ち合わせまで時間があっても気にならないのがいいですね。

B.Y.Gの場所とアクセス

渋谷の百軒店なので渋谷駅から行くのは簡単。徒歩5分くらい。▲道玄坂を登って「道玄坂」の信号のところを右に入ります。中華の「喜楽」の前を過ぎ、カレーの「ムルギー」を左に見ながらまっすぐ。▲”MUSIC FROM B.Y.G” というピンクの看板が目印です。B.Y.G というのは Beautiful Young Generation の略。そんな世代が奏でる音楽を人々に届ける場としてのB.Y.G。喫茶利用しながら知らない音楽や世界に触れられる場としてこれからも大いに利用したいものです。

B.Y.G. 基本情報

店名 B.Y.G
住所 渋谷区 道玄坂 2-19-14
最寄駅 渋谷駅
定休日 なし
営業時間 16:00 – 26:00 (翌2時)
15:00 – 24:00 (日祝)
禁煙・喫煙 禁煙 (店外に喫煙スペースあり)
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
渋谷白金台ランチ乃木坂東麻布コーヒー西麻布の交差点原宿南青山麻布台一の橋交差点青山代官山現代美術喫茶店広尾六本木ヒルズ南麻布ギャラリーカフェ麻布十番恵比寿美術館飯倉外苑前六本木深夜営業西麻布現代アート表参道
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク