昼は喫茶、夜はおでんバーになる恵比寿ガーデンプレイスの「青ちょうちん」で驚きのサウンドシステムを聴く

SNSでシェア:

青ちょうちん

恵比寿ガーデンプレイスのブリックエンドにあるバー「青ちょうちん」が昼間の喫茶営業を始めました。

もともと白金の割烹「あき山」が2022年にオープンさせたおでんバー、日本酒バーなのですが、開店から1年経ったところで喫茶営業開始です。

▲恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館が2016年にリニューアルした際に同時オープンしたブリックエンド(Brick End)。写真美術館の建物と山手線に挟まれた一角に横丁的雰囲気で5軒の飲食店が建ち並んでいます。

サッポロビールの工場跡地なので工場のレンガをイメージして ”Brick End” という名称なのだそうですが、本当はBrick Roadの突き当り、つまりオズの国のエメラルド・シティをイメージさせたかったのでしょう。

このブリックエンドの一番恵比寿駅側が今回紹介する「青ちょうちん」です。

スポンサーリンク

青ちょうちんのオーディオとレコード

このブリックエンドに飲食店が並ぶことは知っていたのですがほとんどが夜の営業のお店。ところが端にある「青ちょうちん」が昼間から店舗を開けていて、さらに店内に興味深いモノが見えたので訪問してみました。

なんでも2023年10月1日(日)から昼間の喫茶営業を始めたのだそうです。

夜営業だけだとアレですけど、昼の喫茶営業、しかも年中無休となると写真美術館の帰りやガーデンプレイスでのショッピングついでなど色々なシチュエーションで利用できますね。

▲店内の中央、カウンターの後ろにどーんと設置されているのはスピーカーです。

1930年代にアメリカ、ウェスタン・エレクトリック社が製造していた劇場用スピーカーだそうです。

ホーン型といって、左右にある小さなスピーカーから出る音がホーン形状の装置の中で増幅されて真ん中の大きな穴から出てくる仕組み。最近のデジタルなスピーカーとは間逆な100%アナログな仕組みのスピーカーです。

▲メインとなるスピーカーの両脇にはサブのスピーカー。

でもターンテーブルは英国のガラード社製、トーンアームも英国のSMEと英国勢で固めています。

▲プロ用の音響ラックに設置されているCDプレイヤーやアンプなど。

特注品らしき電源も見えます。

アンプももちろんウェスタン・エレクトリック社製、たぶん真空管もウェスタン・エレクトリックだと思います。

こんなアナログティックなオーディオなんですけど、CDから出てくる音はびっくりするほどモダン。銘機というのは技術も時代も超越するものなんですね。

▲片隅にはレコード棚があってLPレコードがストックされていました。

お客さんが少なければリクエストに応じてくれることもあるみたいです。基本的にジャズがメインにロックが少々というラインナップでした。

▲カウンター脇のラックの上にもCD、LP、書籍などが並んでいます。

ジャズが多いかと思えばレディオヘッドの「OK コンピューター」が置いてあるし、左隅にはLPレコードが平積みされていて一番上はボブ・ディランの「グレイテストヒッツ」。

ディスクユニオンのケースも置いてあって、好きなんだなぁと感じさせます。

ジャズ喫茶でもロックバーでもないのですが、かなり凄いオーディオが鎮座する店内でゆっくり音楽を聴ける、いわばミュージック喫茶あるいはミュージックバーとして利用するのが良いかもしれません。

スポンサーリンク

青ちょうちんの店内

夜は日本酒が飲めるおでんバーとして営業していて昼間はその痕跡も見えるのですが、基本的には喫茶店という雰囲気です。

▲ウェスタン・エレクトリックのスピーカーの前に置かれたコーヒーとカップ類。

客席はこのカウンター席だけ。10席ちょっとです。▲手前にはおでん用の鍋が見えますす。

手前にに並ぶ湯呑は日本酒用なのでしょうか。

山手線にへばりつくような狭いスペースなので奥行きはありませんが、カウンターに並んで1930年のシステムでジャズを聴くというレトロ感とモダンなガーデンプレイスの雰囲気のミスマッチ感も楽しそうです

スポンサーリンク

青ちょうちんのコーヒーとメニュー

今回は週末午後の訪問でした。

たぶん平日の喫茶営業時とは雰囲気が違うと思います。また喫茶営業を初めて数日というタイミングだったので空いていましたが、今後は週末でもお客さんが多くなると思います。

▲コーヒーはハンドドリップで丁寧に淹れるタイプ。

これはブレンド(税込650円)ですが、シングルコーヒーもオーダー可能です。

たぶんどこかの珈琲店とのコラボなのだと思います。

▲しっかりしたーコーヒーにクッキー付き

▲メニューです。

今のところコーヒー、ビールとトーストだけ。

今後メニューは増えるかもしれませんが、営業時間はたぶん変わらないと思います。

喫茶は16時までで18時からは日本酒バー/おでんバーの営業が始まります

スポンサーリンク

青ちょうちんの場所とアクセス

「青ちょうちん」があるのは恵比寿ガーデンプレイスのブリックエンド(Brick End)。

ウェスティンホテル側の端なので、目黒や広尾方面からはそちらから入るのが近いです。

▲恵比寿駅から「恵比寿スカイウォーク(動く歩道)」で恵比寿ガーデンプレイスまで来て、アメリカ橋の信号を渡ったら山手線沿いに進むと東京都写真美術館の建物が見えてきます。

”TOP MUSEUM” とある建物が写美です。その右横の狭い通りがブリックエンドです

▲BRICK END Stand Yokocho というゲートが見えてきます。右の階段を上がると喫煙所。

ブリックエンドの飲食店はこの通り沿いにあって「青ちょうちん」は一番手前になります。

週末も営業していてこだわりのオーディオでジャズが聴ける喫茶店。恵比寿ガーデンプレイスにはBNP StandとかVERVEとか他にはないカフェがありますがそこに新たに「青ちょうちん」が加わりました。

週末などガーデンプレイスを訪れる機会があったらブリックエンドの青ちょうちんで音楽とコーヒーを楽しんではどうでしょうか。

青ちょうちん 基本情報

店名 青ちょうちん (Instagram)
住所 目黒区三田 1-13-4
最寄駅 恵比寿駅
定休日 なし
営業時間 8:00 – 16:00 (喫茶)
18:00 – 25:00 (バー)
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
白金台代官山カフェ南青山外苑前喫茶店広尾西麻布の交差点恵比寿東麻布コーヒー麻布十番青山渋谷飯倉深夜営業美術館西麻布六本木ランチ一の橋交差点六本木ヒルズ現代美術現代アートギャラリー原宿乃木坂南麻布表参道麻布台
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク