西麻布の(ニコライ)バーグマンバーガー (閉店)

SNSでシェア:

西麻布にオープンした「バーグマンバーガー(Bergmann Burger)」。ここはニコライ・バーグマンのカフェ ”NOMU西麻布”が期間限定で衣替えしたハンバーガーショップです。NOMUは、幅広くブランド展開しているフラワーアーティストのニコライ・バーグマンカフェブランド。一般的には表参道のNOMUが有名ですが、西麻布の裏通りには数年前から ”NOMU西麻布” が存在していて以前にもこのブログで紹介していますね。そのNOMU西麻布の店舗をそのまま使っているのが「NOMU西麻布バーグマンバーガー」。オープンは2020年3月20日でした。少し前から改装工事をしているのは見ていたのですがホームページ等にもまったく情報がなく、どんな業態になるのかいつオープンなのかスタッフらしき方々に尋ねまくって、やっと3月20日の11時半開店ということが分かったので訪問です。

バーグマンバーガーの店舗

経年劣化で少しくたびれたしまったNOMU西麻布の外装などをリフレッシュしたのがバーグマンバーガー(Bergmann Burger)です。ウッドのファサードやテラスはNOMU西麻布の頃と同じです。西麻布から南青山へ向かって歩くとファミマの先にこのようにテラスが広がっています。
しばらく元気のなかったNOMU西麻布なのでリフレッシュして営業していると嬉しいですね。
”バーグマンバーガー” という名前のとおりのハンバーガー屋さんです。
南青山側から下っていくとテラスとおいしそうなハンバーガーの立て看板が見えてきます。
ちなみに、バーグマンバーガーの場所は西麻布の交差点脇にある立ち飲みバー「シンシア」の角を入り、根津美術館へ行く途中になります。途中で道が二股に別れるので右側を進みます。逆に根津美術館から道なりに下りてきた場合は、カニングハムハウスの先を左に進んでファミリーマート西麻布2丁目店の手前になります。西麻布と表参道/南青山は地下鉄の路線が違うので全然別の街かと勘違いされる方が多いのですが、実は歩いて行き来できる距離なんですよね。
ちなみに、NOMU西麻布は18時までしか営業していませんでしたが、バーグマンバーガーになってから営業時間が延びています。22:30までの営業なのでこれからはディナーにも使えるので大変便利になります。

バーグマンバーガーの店内

NOMU西麻布の頃と変わっていません。
テラスがあって、カウンターテーブルがあって、大テーブルがあって。
メニューは変わったけど雰囲気はそう変ることがないので安心ですね。
レジ前からファミマ側を見た様子。壁に向かうカウンターと真ん中には対面テーブルです。さっきの写真を逆に見たところ。右奥のレジにいるグリーンのユニフォームの人たちがお店のスタッフ。レジの真ん前にもカウンターテーブルがあります。 ワインやドリンクが並んでいます。この右側がバスルームです。カウンター席。カフェ代わりに使う時やささっと食事を済ませたいときなどですね。テーブル幅があまりないのでドヤリングはできません。そんな時は大テーブルを使うか日陰になっているテラス席を使いましょう。セットアップが終わったテラステーブルの様子。これはレジの様子ですね。

バーグマンバーガーのメニュー

店舗で配布しているパンフレットから紹介してみます。”全てのレシピをいちから考案したバーガーショップ”
ハンバーガーというフォーマットは踏襲しながらスクラッチで作り直してみました。ということです。
なかなかできそうで出来ませんね。肉を使わないVEGGIE(ベジー)、
和牛を使ったWAGYU(すごい高い)、
鶏の唐揚げを使ったKARAAGE(要するにチキンフィレ)、
ビーフとポークを使ったBERGMANN、
ビーフだけの普通のハンバーガーCLASSIC。
この5種類が基本のハンバーガー。これに好みに応じたホームメイドソースをかけて、後は好みでサイドオーダーやドリンクやトッピングを追加すればOKです。価格はこれからも変わるのか、レジに置かれたメニューにしか表記されていません。一番安いVEGGIEとKARAAGEが1,600円。もちろんハンバーガ単体です。
ドリンクとポテトまたはサラドを付けると余裕で2,000円オーバーなのでランチセットがオススメですね。

バーグマンバーガーのハンバーガー

ということでランチセットを2つオーダー。オープン初日の3月20日は天気もよくポカポカしていたのでテラス席でいただきました。▲写真の上側がVEGGIEとポテト、ソースはハウス。下側はKARAAGEとサラダ、ソースはケチャップ。もっと小ぶりで可愛いハンバーガーが出てくると思ったら意外とがっちりなハンバーガーが出てきました。▲VEGGIEは玄米など10種類の穀物や野菜をブレンドしたものだそうです。特にビーツを使っているというの個人的にはポイントでした。あの赤色で肉の赤身を表現しているんですね。▲VEGGIEのアップ。レタスとトマトは普通のハンバーガーですが、オニオンの代わりに薄切りのダイコン、肉の代わりに玄米やビーツなどが見えますね。▲ちょっと見た目があれですけどVEGGIEの中身。世間の”ベジタブル”と比べると比較にならない美味しさです。
こんなの食べたことない。
▲こちらはKARAAGE+ケチャップとサラダ。▲KARAAGEというより ”唐揚げ” なぴったりな感じです。
ジューシーなもも肉を使ったハンバーガーです。
▲ちょっと細身なポテトフライ。
でもしっかり揚がっていてしかもボリュームもたっぷり。
▲そして自慢のサラダ。野菜は成田の提携ファームから取り寄せ。サラダの上に花びらが飾られているのがバーグマンらしいです。

フォトジェニックなバーグマンバーガー

外も中もすっかりリフレッシュしたNOMU西麻布ことバーグマンバーガー。外観も店内もメニューもすべてクオリティが高く申し分ありません。オープン初日はニコライ・バーグマンご本人もぶらぶら来店していたのでお気に入りの場所なのでしょう。ハンバーガーもフロムスクラッチで追求し直しただけのことがあります。もともとNOMU西麻布自体はなんで誰も知らないんだろうというお店でした。このバーグマンバーガーもそうなっちゃうのかなぁ。
もしもう少し駅から近かったりもう少し値段が安かったら人気爆発だと思うんですよね。
ハンバーガーをオーダーせずドリンクだけのオーダーも可能です。以前と同じようにカフェとしても利用することができます。同様西麻布からちょっと歩くだけですし、たいてい空いていると思うので、ぜひ一度ニコライ・バーグマンのハンバーガを試してみて欲しいです。バーグマンバーガー (Bergmann Burger)港区西麻布2-8-7
定休日:月曜日
営業時間:11:30 – 15:00, 16:00 – 22:30

記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク